【テントサウナ】一酸化炭素チェッカーの選び方のポイント

サウナテントを楽しむ豆知識・一酸化炭素チェッカーの選び方

サウナテント用の一酸化炭素チェッカーは、アラームのタイミングやメーカーの信頼性を確認するのが選び方のポイントです。また、2個以上のチェッカーを準備しておけば1個に不具合が起きても安心です。

一酸化炭素チェッカーの選び方について

虫眼鏡と選び方の文字

テントサウナを楽しむ上で準備しておきたいのが、一酸化炭素チェッカーです。しかし、一酸化炭素チェッカーにはさまざまな商品があるので、どれを選ぶべきか迷うこともあるかもしれません。

信頼できるアイテムを揃えていれば、サウナをより安心してお楽しみいただけます。

ここでは一酸化炭素チェッカーの選び方について解説します。

なぜチェッカーが必要?

一酸化炭素中毒を防ぐため、チェッカーが必要だといわれています。テントサウナは、テント内でストーブをつけ、高温状態を作るのが基本です。しかし、換気がしっかり行われていない空間で薪を燃やし続けると酸素が足りなくなり、一酸化炭素と呼ばれる物質が放出されるようになります。

3層式サウナテントなど、密閉性の高いサウナ用テントは、換気をよくすることで酸素不足に陥る可能性を心配することなく安心してお楽しみいただけます。

具体的な選び方

安全にテントサウナを楽しむために必要な一酸化炭素チェッカーは、選び方にこだわりたいものです。選び方のポイントを押さえて、使い勝手のよい商品を手に入れてください。

アラームが鳴るタイミングを確認

一般的に、空間内の一酸化炭素濃度が200ppm以上になると中毒に陥りやすくなるといわれています。そのため、多くの一酸化炭素チェッカーは200ppmを基準にアラームが鳴る場合が多いです。ご高齢の方やお子さまは、さらに早く中毒を起こすこともあるため、心配な場合は100ppm以上でアラームが鳴るタイプをお選びください。

2個以上準備する

2個以上準備しておくことで、一酸化炭素チェックの精度を上げることができます。異なるメーカーのチェッカーを複数個準備しておけば、使用時に見比べて最も感度の高い数値を参考にできます。また、どちらか一方が故障した場合、もう1つのチェッカーを代わりに使うことも可能です。安全を確保するためにも、利便性の高いチェッカーを複数準備してください。

使い方

信頼のおける一酸化炭素チェッカーを手に入れたら、正しい方法で使うことも重要です。一酸化炭素は空気と比べて少し軽いので、頭の高さくらいに設置します。また、換気場所から離し、正常に一酸化炭素を計測できるようにするのもポイントです。

安全なテントサウナのためには一酸化炭素チェッカーが重要!

単語帳に記した重要の文字

一酸化炭素を多量に吸い込むと体内の酸素が不足し、中毒症状が起きるようになります。最初は頭がぼんやりしたり、めまいが起きたりする可能性があります。チェッカーで定期的に一酸化炭素の濃度を確認し、中毒を起こさないことが重要です。

中毒を防ぐには、一酸化炭素チェッカーを使ってこまめにテント内の状態を把握することが大切です。チェッカーを選ぶ際には、アラームが鳴るタイミングやメーカーの信頼性などを確認してください。さらに、一酸化炭素チェックの精度を上げたい場合は、2個以上のチェッカーを準備しておくと安心です。

このように、チェッカーの選び方にはさまざまなポイントがあります。

より信頼のおける一酸化炭素チェッカーをお探しでしたら、AMBERの商品ラインナップからお選びください。AMBERでご用意している一酸化炭素チェッカーは、赤い光の警報ランプ・大音量の警報音・LCDディスプレイの3段構成で危険を知らせてくれるタイプです。

中国やヨーロッパをはじめとして、世界中に年間数百万台も販売されている日本企画・世界標準の製品で、単三電池3本を入れていただくとすぐに使用できます。サウナストーン・桶・柄杓・湿温度計とのセット商品のほか、一酸化炭素チェッカー単品でもご購入いただけます。

テントサウナ・一酸化炭素チェッカーをお探しの方はAMBERへ

会社名 T-WORKS株式会社
ショップ名 AMBER
代表取締役 脇田 哲也
設立 2015年10月
住所 〒755-0002 山口県宇部市亀浦3丁目5−2
TEL 0836-39-6965
営業時間 9:00~17:30
定休日 土日祝日
URL