テントサウナの片づけは簡単?4人用のテントを販売

サウナテントの簡単な片付け方法のポイントについて詳しく解説

サウナテントを片付ける時は、燃えカスを火消し壺に入れてストーブやストーンを冷まし、細かなアイテムを収納ボックスに入れます。テント内を拭き、ペグやポールを抜いた後に畳んだら片付けの完了です。

サウナテントの簡単な片付け方法とは?

サウナテントを片付ける様子

テントでサウナを楽しんだ後は、しっかりと片付けるのが大切です。しかし、4人用などの大きめのテントは片付けが難しそうだと感じる場合もあるかもしれません。

ここでは、簡単なテントの片付け方を解説します。スムーズに撤収するための参考にしてください。

日が暮れる前に片付けスタート

暗い中で片付けを行うことはできないので、日が暮れる1時間前には片付けを始めます。片付け時には薪がしっかり燃えきっているように、片付けの30分前には薪を入れるのをストップすることをおすすめします。

燃えカスなどを火消し壺に入れる

最初に、ストーブの中の灰や燃えカスを片付けます。薪がすべて燃えきっていることが理想ですが、薪を入れるタイミングによっては燃えカスとして残ってしまうことも少なくありません。

燃えカスをそのまま捨てると火事の原因になるため、必ず火消し壺に入れて火を消すことが大切です。火傷を防ぐために耐熱手袋を着用し、専用のハサミを使って燃えカスを火消し壺に入れるようにします。

また、燃えカスが残っているからと言ってストーブに直接水をかけるのはNGです。ストーブに錆がつき劣化しやすくなりますので、必ず火消し壺に入れてください。燃えカスを撤去した後は、ストーブが冷めるまで待ちます。

ストーンを冷ます

サウナストーンを使った場合は、専用のバケツに入れてしっかりと冷ましておきます。ストーンも熱い状態になっているため、必ず耐熱手袋を着用した上で扱ってください。

また、バケツの中に投げ入れるとストーンが割れてしまうため、1つずつ丁寧に入れるのもポイントです。

煙突や他のアイテムを片付ける

ストーブが冷えたのを確認したら、煙突を解体します。この時も耐熱手袋を使い、火傷を防ぐことが大切です。柄杓や桶、チェアなど、サウナで使用したアイテムもすべてテントから出し、収納ボックスなどにまとめておきます。

テントの内部を拭く

テント内のものをすべて片付けた後、内部を乾いた布で拭きます。テントに水分が残っているとカビが生えやすくなり、劣化の原因になるため注意が必要です。隅々まで拭き、カビの発生を抑えるようにしてください。

ペグやポールを抜いてテントを畳む

次に、テントを留めていたペグを抜いていきます。土がついていたら落とし、綺麗な状態にしておくと次回もスムーズに使えるようになります。ロープは絡まりを防ぐために結んでまとめてください。

続いてポールを抜き取り、テントを畳みます。テントの種類によってポールの抜き方や畳み方は異なるので、事前に取扱説明書を見て確認しておくと効率的に片付けができます。

専用の収納袋にテントやストーブを入れる

畳み終えたテントや冷ましたストーブは、専用の収納袋の中に入れます。すべてのアイテムを収納したら、周囲を見回して忘れ物がないか確認してください。ペグなどの小さなものはうっかり落として紛失してしまいがちですので、注意が必要です。

忘れ物がないことを確認したら、片付けは終了です。手順を覚えておけば、初心者でも簡単に片付けられるようになります。

簡単に設営・片付けられるサウナテントならAMBERへ!

テントの片付けを行う人物

サウナテントを片付けるときは、まずストーブに残った灰や燃えカスを取り除きます。燃えカスは必ず火消し壺に入れて、火を消すのが大切です。

次にストーンをバケツに入れ、冷ましておきます。ストーブが冷えた後に煙突を解体し、他のアイテムも収納ボックスなどに入れてください。

テント内を乾いた布で拭いた後にペグやポールを抜き、収納袋に入れたら片付けの完了です。

簡単に設営・撤収ができるサウナテントをお探しでしたら、ぜひAMBERのテント型サウナ「totonoi」「totonoi2」をお選びください。

「totonoi」は、難燃加工を施したオックスフォード生地を使用し、高い耐熱性を備えたサウナテントです。

「totonoi2」は、耐水・難燃加工を施した3層生地によって高い保湿性を実現し、心地よいサウナ空間を作り出せるのが魅力です。さらに、一酸化炭素チェッカー入れとして使える着脱可能なメッシュポケットや、景色を楽しめる大きめの窓なども完備されており、快適なサウナタイムが実現します。

簡単に設営・撤収ができるサウナテントをお探しの方はAMBERへ

会社名 T-WORKS株式会社
ショップ名 AMBER
代表取締役 脇田 哲也
設立 2015年10月
住所 〒755-0002 山口県宇部市亀浦3丁目5−2
TEL 0836-39-6965
営業時間 9:00~17:30
定休日 土日祝日
URL