テントポールの交換方法

こんにちは!AMBERの脇田です。

本日は、テントサウナの骨組みポールが折れてしまった際の交換方法についてご説明させていただきます。

非常に設営撤収が簡単なテント型サウナtotonoiですが、初めてご使用になられる際や、取り扱いに慣れていない段階では、撤収作業中にテントのポールが折れてしまう事が稀に起こる様です。

考えられる主な原因としましては、収納時にハブを中心とした骨組み同士が絡まってしまった状態で、負荷をかけてしう事により折れてしまうと言うケースが考えられます。

骨組みが絡まっていないか見分ける方法は、テントを畳む際に横に寝かせてみて、ハブを中心とした足の様な状態が画像の様に5本見えていれば大丈夫です。

畳み方を失敗すると、これが4本しか見えていない状態になる事があり、その様な時は、足が1本他の足の中に入り込んで絡まってしまっている状態です。そのまま無理やり収納してしまうとポールが折れる可能性がございますのでご注意ください。

足が4本しか見えない場合には、もう一度テントを開いて畳みなおしてみてください。

 

それでは、本題のポールの交換についてご説明いたします。

骨組みの集まるハブの部分に近い根元の部分が折れてしまったケースです。

テント生地の内側と外側から真ん中のハブの部分でボルトとナットで留められている状態です。

①テントを展開した状態にして、テント内側ハブの中心部分のナットをペンチ等で固定して、テント外側からボルトを外します。

床にブルーシート等を敷いて、テントのポールを交換する面を画像の様に地面に向けて作業をすると交換しやすいです↓

②ボルトが外れると、テント内側のハブに付いているワッシャーの様な円盤も外れます、ポールが抜けるようになりますので、折れたポールを抜き取り、交換用ポールを挿し込みます。

③4本のポールをテント四隅にポケットに差し込んでいきます(この際ポールの先に付いているキャップが外れてしまわないようにご注意ください)

④ポールが4本とも四隅のポケットに収まったら、中心部分のハブに先ほど外したワッシャーの様な円盤を戻し、ポールが飛び出てこないように押さえながら、テント内側から外側に向けて押し込み、テントが張った状態に戻します。

この時点では修理面は地面に向かっているので、テントを起こし、設営した時の様な状態に出来たら成功です。テント外側から最初に外したボルトを挿し込み、テント内側にナットをはめれば完了です。

 

テントのお取り扱いに慣れるまでは、収納時にすんなり納まらない様な違和感を感じた際には、テントを寝かせてみて、足が5本見えているか確認してみて、4本しか見えていない場合や、折りたたむのに突っ張り等を感じる場合にはもう一度テントを広げなおしてやり直していただくとポールが折れるのを回避できると思います。

交換用ポールは当サイトで販売しております。

https://amber-shop.net/products/%E4%BA%A4%E6%8F%9B%E7%94%A8%E3%83%86%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%AB-1%E6%9C%AC

ご自身で修理する事が出来ない場合には、弊社にて修理も承りますので「修理依頼・アフターフォロー」よりお申込みください。

ブログに戻る